海外事業展開

HOME各種取り組み海外事業展開

拠点整備とイベント強化で加速する海外事業

版権提供をはじめ多角的に展開

 日経BP社の海外事業は、現地拠点の整備と、現地での専門イベントを強化することで拡大を図っています。編集拠点となる支局はニューヨーク、シリコンバレー、ロンドン、上海の4カ所、営業拠点となる海外法人は中国社があります。

 海外イベントは、ビジネス分野、IT分野、電子・機械分野など、日本国内で実績を重ねてきた専門分野において、アジア地域での現地イベントを多面的に展開し、日本企業の海外進出を支援しています。これまで中国、台湾、タイ、インド、シンガポール、インドネシア、ベトナムなどで主催イベントを開催しました。

活発化する版権(ライセンス)提供事業

 日経BP社の専門雑誌は、海外の有力な出版社や新聞社と提携し、世界各国の最先端情報も取り込んでいます。「Financial Times」「Bloomberg BusinessWeek」「The Economist」に加え、中国の「財新」、インドの「Business Today」、さらには専門のITや医療分野でも様々な提携を行っています。これに加え、海外に現地法人と4つの編集支局を構え、そのネットワークを活用して、記事コンテンツの情報価値を高めています。

 一方、雑誌・書籍コンテンツの海外への提供も積極的に推進。中国、台湾、韓国の出版社とライセンス契約を結び、現地の雑誌やWebサイトに「日経ビジネス」「日経エレクトロニクス」「日経マネー」「日経バイオテク」などの記事コンテンツを提供しています。

 また、ジャンルが経営、自己啓発、IT、医療、建築、健康と多岐にわたる日経BP社の書籍は、中国、台湾、韓国のみならず、タイ、インドネシア、ベトナムなどの東南アジア諸国でも翻訳出版されています。

書籍

海外で出版された書籍。左から松田充弘著『しつもん仕事術』ベトナム版、山口勉著『なぜこの店では、テレビが2倍の値段でも売れるのか?』台湾版、小林三郎著『ホンダ イノベーションの神髄』中国版、尾内康彦著『患者トラブルを解決する「技術」』韓国版、藤田精一著『ビジネスマンの基礎知識としての損得計算入門』タイ版

▲このページのトップヘ

  • お問い合わせ
  • 日経BP社会社案内PDF版
  • 採用情報