個人情報保護

HOME各種取り組み個人情報保護

マネジメントシステムを構築し個人情報を守る

 日経BP社にとって個人情報の保護は経営上重要な課題です。雑誌の購読者や展示会来場者、インターネットサービスの会員、取材先、取引先など、多くの個人情報を管理しているからです。日経BP社は個人情報保護法の施行以前から、グループ会社とともに個人情報保護に取り組み、個人情報保護マネジメントシステムを構築しています。

 具体的には日経BP社およびグループ会社を約100部署に分けて各部署に個人情報管理者を置き、社内規定やルールを徹底。毎年、管理者研修や全従業者に対するe-ラーニングを実施するほか、社内監査や委託先監査を通して、課題を解決し、個人情報保護のレベルを高めていく取り組みを続けています。

 読者からの問い合わせや購読申し込み、プレゼントへの応募などを直接、編集部で受けずに、日経BP読者サービスセンターに集約していますが、これも読者の個人情報を集約して、より厳格に管理するためです。

各展示会の模様

日経BPグループの全従業者は年に1回、個人情報保護の研修を受ける

▲このページのトップヘ

  • お問い合わせ
  • 日経BP社会社案内PDF版
  • 採用情報