ニュースリリース

2015年5月19日

「日経BP NISA特設サイト」
好評につき期間限定から継続提供に変更
スマホでも使いやすく画面刷新

 日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)のNISA情報活用サイト「日経BP NISA特設サイト」は期間限定で2013年にオープンしましたが、ユーザーの皆様のご好評にお応えして、このたびサービス提供を継続することになりました。

 金融庁調べでは、NISA口座開設数は、2014年1月のNISA開始時に約492万口座だったのが2014年12月末には約825万口座に急増。今後さらに増える傾向にあります。また、年間投資上限額の増額や「ジュニアNISA制度」の創設といった新動向について、適切で継続的な情報ニーズが高まっています。

 継続決定を期に、2015年5月11日からスマートフォンに最適化した画面をリニューアルしました。(パソコン向けは2015年1月6日にリニューアルしています)

 「日経BP NISA特設サイト」は、NISA口座を開設したユーザー専用に、日経BP社がNISA関連の最新情報を提供するサイトです。一般個人ユーザーはご利用いただけません*1。日経BP社と契約した銀行にNISA口座を開設したユーザーに対して、以下の二つのサービスを提供しています。

(1) NISA関連記事の閲覧:
 日経BP社発行の雑誌やWebサイトに掲載されたNISAや投資、資産形成などに関連する記事、ビジネスやライフスタイルに関連する記事を閲覧できます。パソコンはもちろんスマートフォンからでもご利用いただけます。また、別途日経BP社のユーザーID(2015年夏以降は日経ID*2)を登録いただいた方には、サイト更新情報などをメールマガジンとしてお届けします。

(2) 投信積立シミュレーション機能:
 各銀行の取り扱い投資信託を過去から現在まで積立で購入した場合の積立金額などをシミュレーションする機能です。ご契約した銀行のNISA口座で購入できるファンドの情報も入手できます。

*1 日経BP NISA特設サイトをご利用いただくには、ユーザーがNISA口座を開設した銀行からアクセスに必要な情報(URLおよび認証情報)の提供を受ける必要があります。

*2 日経IDは、日本経済新聞社グループがネット上で展開している様々なサービスのログインに利用するIDです。氏名、メールアドレス、お住まいの地域、職業などを登録していただき、データベース化します。詳細は、日経ID対応サービス利用案内(http://account.nikkeibp.co.jp/guide/)をご覧ください。

 なお、「日経BP NISA特設サイト」は、日経BP社が法人向けにサービス提供しているデータベースサービス「日経BPビズボード」をベースとしています。

【サービス概要】
名称: 日経BP NISA特設サイト
販売形態: 銀行向けに販売。日経BP社と契約した銀行に対して、日経BP、NISA特設サイトへのアクセスに必要な情報を提供
提供コンテンツ: 日経BP社の発行する雑誌、運営するWebサイトに掲載されたNISA関連記事のほか、資産形成に関連する記事、ビジネス一般の記事、ライフタイルに関するする記事などから、記事を抽出して提供
ファンド機能: 各銀行が取り扱う投資信託に対して、ユーザーが興味のある投資信託について基準価格の変動をチェックしたり、その投資信託を積立で購入した場合の現状価格のシミュレーションを行ったりする機能を提供
【お問い合わせ先】

日経BP社 デジタル編集局アーカイブ事業部
電話:03-6811-8767
※受付時間 祝日を除く月〜金曜、9時30分〜17時30分

本リリースについて、取材のお申し込みは日経BP社 コーポレート管理室・広報 電話03-6811-8556にお願いします。

▲このページのトップヘ

  • お問い合わせ
  • 日経BP社会社案内PDF版
  • 採用情報