ニュースリリース

2015年12月25日

医療介護系インターネットサービスを展開する
メドレーと資本・業務提携
日経メディカルOnline会員向けの新しいサービスを共同開発へ

 日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)は、株式会社メドレー(本社:東京、代表取締役社長:瀧口浩平、代表取締役医師:豊田剛一郎)が実施する第三者割当増資に対して1億7500万円を出資することに合意し、資本・業務提携いたしました。

 日経BP社は、医師・医療従事者のための総合医療情報サイト「日経メディカル Online」と、メドレーが運営する医療介護分野の求人サイト「ジョブメドレー」の連携を強化し、協業により双方の事業拡大を目指します。また、両社の強みを活かし、約13.5万人の医師を含む約51万人の「日経メディカル Online」会員に対して、有益な新しいサービスの企画・開発・運営を共同で検討していきます。

■日経メディカル Onlineについて

 「日経メディカル Online」は、日経BP社が運営する、医師・医療従事者向けの会員登録制(無料)総合医療情報ポータルサイトです。1972年創刊の総合医療情報誌「日経メディカル」をはじめ、「日経ヘルスケア」「日経ドラッグインフォメーション」「日経バイオテク」の各スタッフが、取材・編集活動を通して培ってきた、医学・医療情報の収集・整理・分析のノウハウを駆使して運営しています。

■株式会社メドレーについて

 メドレーは、2009年6月に設立し、「医療ヘルスケア分野の課題を解決する」ミッションのもと、医療介護分野の求人サイト「ジョブメドレー」、医師たちがつくるオンライン病気事典「MEDLEY」、介護施設の検索サイト「介護のほんね」などの医療介護系インターネットサービスを開発・運営している企業です。

【お問い合わせ先】

 このリリースに関するお問い合わせは、日経BP社 コーポレート管理室・広報 電話03-6811-8556 にお願いいたします。

▲このページのトップヘ

  • お問い合わせ
  • 日経BP社会社案内PDF版
  • 採用情報