ニュースリリース

2016年1月4日

2016年1月1日、日経BP社の
営業体制が生まれ変わります

 日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)は2016年1月1日、営業体制を一新しました。

 企業のマーケティング・ブランディング手法が急激に進化し、ビジネスパーソンの情報収集スタイルも多様化するなど、メディアを取り巻く環境が大きく変化しています。日経BP社は、創業以来の営業組織である「広告局」「販売局」を廃止。新しい組織を立ち上げて、あらゆるお客様のニーズに速やかに対応します。

「クライアントマーケティング局」「コンテンツマーケティング局」を新設

 「クライアントマーケティング局」は企業の皆様と一緒にマーケティングやブランディングを考え、的確なソリューションをご提案します。日経BP社が持つ専門性とメディアならではの発信力を駆使して、クライアント企業のマーケティング活動を力強くサポートします。

 「コンテンツマーケティング局」は日経BP社の多様なコンテンツをBtoB、BtoCを問わず、ニーズのあるところにお届けするとともに、企業のコンテンツ発信の支援も行います。

多種多彩なメディアとサービスで企業活動をお手伝い

 この二つの局に加えて、専門セミナーや展示会を開催する「イベントマーケティング局」が、企業のマーケティングに活用できるリアルな機会やリードを、国内そして海外でもご提供いたします。

 これらの局は、全社営業をコントロールする「マーケティング統括」の下で、日経BP社が持つ専門コンテンツ、ノウハウ、ネットワークを武器にクライアント企業の皆様に、タイムリーな「最適解」をご提案していきます。

【お問い合わせ】

 本リリースに関する取材のお問い合わせは、日経BP社コーポレート管理室・広報
電話03-6811-8556 までお願いいたします。

▲このページのトップヘ

  • お問い合わせ
  • 日経BP社会社案内PDF版
  • 採用情報