ニュースリリース

2016年6月17日

新刊書籍刊行のお知らせ
『リーダーの本義』
『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』『なぜ君は絶望と闘えたのかー本村洋の3300日』の作者、門田隆将氏による初のビジネス書

日経BP社(本社:東京、社長:新実 傑)は、2016年6月21日(火)に『リーダーの本義』(門田隆将 著)を刊行します。

<内容紹介>

人間の器量は、土壇場でこそ発揮される――。
ホンモノのリーダーとは、肩書きや年齢ではなく、大きな使命、すなわち
「本義」に忠実に生きる人たちだ。

 地位に恋々とするあまり醜態を晒した都知事や、会計不正事件や燃費データ改ざん事件等々、組織のリーダーたちが「自分の本義」をわからないままその地位につき、会見で頭を下げる姿を毎日のように目にする。そんな中、毅然と生きた実在の人物の行動と心理を克明に描き、「リーダーの本来あるべき姿」を著わした著者初のビジネス書。

 「この人にならついていく」と思われるリーダーになるきっかけとなる、あらゆる組織のリーダーたちの確かな道標となる1冊です。

 本書で取り上げているのは、下記の「リーダー」たちです。

  • 福島原発事故で事態収拾に奔走した吉田昌郎・福島第一原子力発電所所長
  • 終戦時、邦人の帰国に力を尽くし、戦後は「台湾」を救った根本博・陸軍中将
  • 光市母子殺害事件で裁判を闘った被害者・本村洋さんを支えた会社の上司や検事
  • イラン・イラク戦争で多くの邦人を救った商社マン
  • 多くの名選手を育てた伝説の打撃コーチ高畠導宏
  • 義のために闘い、悟りを得て「不識庵」と名乗った戦国最強武将・上杉謙信

<目次>

  • はじめに 本義とは
  • 第一章 福島第一原発「吉田昌郎所長」の場合
  • 第二章 なぜ部下たちは涙を流したのか
  • 第三章 自らの使命に忠実だった「根本博陸軍中将」
  • 第四章 台湾を救った男
  • 第五章 イラン・イラク戦争で邦人を救った商社マン
  • 第六章 在所に人を成す為に
  • 第七章 光市母子殺害事件「本村洋さん」はなぜ救われたのか
  • 第八章 「君は社会人たれ」という言葉
  • 第九章 伝説の打撃コーチ「高畠導宏」の信念
  • 第十章 「高畠語録」は何を伝えるのか
  • 第十一章 上杉謙信はなぜ変わったのか
  • 第十二章 迷走するリーダーたち

<著者・門田隆将(かどた りゅうしょう)>

1958年高知県生まれ。 ノンフィクション作家。中央大学法学部政治学科卒業。 新潮社に入社、週刊新潮編集部デスク、 副部長などを経て独立。 著書に『死の淵を見た男―吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP研究所)、『狼の牙を折れ―史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』(小学館)、『甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社文庫)、『なぜ君は絶望と闘えたのか―本村洋の3300日』(新潮文庫)、『この命、義に捧ぐ―台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫、第19回山本七平賞受賞作)など。

<商品情報>

書名: 『リーダーの本義』
著者: 門田隆将
発売日: 2016年6月21日
定価: 1400円+税
ISBN: 978-48222-5157-4
発行: 日経BP社
発売: 日経BPマーケティング
判型: 四六判・並製・276ページ
日経BP書店: http://ec.nikkeibp.co.jp/nsp/hongi/
アマゾン: https://www.amazon.co.jp/dp/4822251578/
【取材に関するお問い合わせ】

このリリースの内容に関するお問い合わせは、日経BP社 出版マーケティング部(電話03-6811-8806)、取材については日経BP社 コーポレート管理室・広報(電話03-6811-8556)にお願いいたします。

▲このページのトップヘ

  • お問い合わせ
  • 日経BP社会社案内PDF版
  • 採用情報