ニュースリリース

2016年12月2日

日経WOMAN、「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」を発表 大賞は、映画『君の名は。』をメガヒットに導いた宣伝プロデューサー

 日経BP社(本社:東京都港区、社長:新実 傑)が発行する、女性のキャリアとライフスタイルを応援する女性誌『日経WOMAN』は、各界で目覚ましい活躍を遂げた女性を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」の受賞者8人を決定いたしました。

 大賞に選ばれたのは、興行収入194億円*を超えメガヒットを記録した、アニメ映画『君の名は。』(新海誠監督)の企画スタートから関わり、宣伝施策をリードした宣伝プロデューサー弭間(はずま)友子さん(39歳)です。

 2016年8月26日の公開以来、10代の客層を中心に口コミで人気が爆発した『君の名は。』。公開3カ月で興行収入は194億円を超え、スタジオジブリの『もののけ姫』(193億円)、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(173億円)など歴代のヒット作を抜くなど、邦画の歴史を塗り替える大ヒットとなりました。『君の名は。』の企画スタートから宣伝まですべてに関わり、映画を成功に導いた中心人物が弭間友子さんです。

 2012年に弭間さんは、アニメ作品に力を注ぐ目的で新設された東宝映像事業部へ、宣伝のリーダーとして転職しました。新海監督の前作『言の葉の庭』を担当した際は、監督作品の映像美をアピールし、細かな宣伝を積み上げた結果、上映時間46分の中編作としては異例の興行収入1億円を超える成果を生み出しました。新海監督は弭間さんについて、自分の作品の良いところを突き詰めて考え、そこをアピールしてくれる宣伝方法と、労をいとわない仕事への姿勢を見て、「次回作も東宝と組みたい」と決意したと言います。

 『君の名は。』の本編ができてからは、夏休みに見たくなる映画というコンセプトを宣伝施策の中心におき、元気な青空を大きく配したポスター、主人公らが入れ替わりリズミカルでかつドラマチックな展開を見せる予告編制作などを主導しました。新聞・雑誌で、また街中のデジタルサイネージなどを活用し、新海誠という監督名と、作品の美しさを広く認知させる宣伝戦略を成功させました。大ブームを巻き起こした緻密な宣伝手法や、リーダーシップを評価して今年の大賞となりました。

*2016年11月28日東宝発表

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」大賞を
受賞した弭間友子さん

 今年の受賞者は、以下の通りです。

部門・賞 氏名 肩書 功績
大賞 弭間友子氏 東宝株式会社
映像本部 映像事業部 映像企画室 アニメ事業/ライブアクション事業グループ 宣伝チーム 宣伝プロデューサー
興行収入194億円を達成し、邦画の歴史を塗り替えた映画『君の名は。』をメガヒットに導いたキーパーソン。アニメ作品としてはスタジオジブリ作品に次ぐ成果を出したと連日メディアで報道され、社会現象となった
デザイン
ものづくり賞
林 千晶氏 株式会社ロフトワーク
代表取締役
自社で2万5000人のクリエイターネットワークを持ち、これを活用したものづくりを実践する。企業とのコラボレーションや、地域に眠るリソースをデザインの力で活性化する中心人物
「ドボジョ」
キャリア開拓賞
大西陽子氏 株式会社大林組
海外支店ジャカルタ高架橋工事事務所 所長
日本の女性では初の海外工事事務所所長(工事現場の最高責任者)。インドネシア・ジャカルタの慢性的な交通渋滞を緩和し経済効果を高める道路整備事業で、現地スタッフをとりまとめるワーキングマザー
食ビジネス革新賞 小林せかい氏 未来食堂
代表
フードロスゼロを目的にした食堂を東京・神保町にオープン。「誰でも50分間働けば1食タダ」「お店にある食材を選んでおかずをオーダーできる」など飲食店としての新しい取り組みが注目を集めている
子育て家庭
応援ビジネス賞
馬場加奈子氏 株式会社サンクラッド
代表取締役
中学生、高校生の制服や体操服のリサイクル店舗を展開。制服の補修や洗濯を地域の高齢女性や障がい者に委託。運営のノウハウをパッケージ化し、宮城から熊本まで全国18店舗に拡大する
イノベーティブ
ものづくり賞
小島由香氏 株式会社FOVE CEO VR(バーチャルリアリティー)元年である2016年に、世界初の「視線追跡」機能を搭載した「VRヘッドマウントディスプレー」を開発、11月に販売を開始。グローバル展開を最初から視野に入れる次世代イノベーター
チーム2017賞 秋山正子氏
鈴木美穂氏
NPO法人マギーズ東京
共同代表理事(秋山氏は、同センター長も兼務)
がんを患った人が気持ちを分かち合い、病気との向き合い方を共有する場「マギーズ東京」を2016年10月10日にオープン。クラウドファンディングや寄付で8000万円を集め、開設を実現した

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」は、

  1. 働く女性のロールモデルを掲示
  2. 組織の中に埋もれがちな個人の業績に光を当てる
  3. 活躍した女性たちを通して時代の変化の矛先をとらえる

という主旨のもと、1999年から毎年実施するアワードで、本年が18回目となります。『日経WOMAN』は、1988年の創刊以来、働く女性をバックアップしてきました。今後も「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を通じ、社会で活躍する女性を表彰することで、時代を担う女性たちを応援していきたいと考えています。なお2016年12月7日発売の『日経WOMAN』1月号では受賞者紹介と審査結果の詳細を掲載しています。

■お問い合わせ先

 本リリースに関するお問い合わせは日経WOMAN編集部(電話:03-6811-8912)に、取材に関するお問い合わせはコーポレート管理室・広報(電話:03-6811-8556)までお願いいたします。

▲このページのトップヘ

  • お問い合わせ
  • 日経BP社会社案内PDF版
  • 採用情報