ニュースリリース

2017年11月30日

日経DUAL「共働き子育てしやすい企業&街ランキング」を発表
企業はSCSK、街は豊島区が1位に

 日経BP社(本社:東京都港区、社長:新実 傑)が運営する、働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト「日経DUAL」は、企業約100社と全国の162自治体を対象に「共働きで子育てしやすいかに関する調査」を実施。この調査結果に基づいて、「共働き子育てしやすい企業&街ランキング2017」を発表しました。

 今年で2年目となる「共働き子育てしやすい企業ランキング2017」では、1位にシステム開発大手のSCSK株式会社が選定されました。共働きで子育てをする視点から、13の評価軸で配点しランキング。今年最も重視したのは「性別に関係なく育児中社員を支援する施策が用意され、キャリア推進できているか」という点です。SCSKでは、仕事と育児の両立支援策を用意するだけではなく、残業時間削減(月平均20時間以下)・男性育休取得率向上(8割)など、継続した取り組みで実績を上げている点が評価されました。2位は昨年に引き続き丸井グループ、3位にピジョン、4位 サントリーホールディングス、5位 アメリカンファミリー生命保険という結果でした。

 調査についての詳しい分析は、今後日経DUALのサイトで公開いたします。

 「共働き子育てしやすい街ランキング2017」(日本経済新聞社との共同実施「自治体の子育て支援に関する調査」)の総合第1位には、東京都豊島区が選定されました。豊島区は、「保育園に入れるかどうか」「子育て・教育費」「学童保育は整備されているか」という項目に加え、「将来的な認可保育園の整備計画」「保育の質」「幼稚園の活用」に対しての取り組みで高評価の結果となっています。

 また、「共働き子育てしやすい街ランキング2017 全国編(東京を除く)」では、1位 千葉県・松戸市、2位 栃木県・宇都宮市、3位 福岡県・福岡市という結果になりました。

 詳しい結果や傾向の分析について、今後日経DUALで順次公開していきます。

 なお、本調査に関するシンポジウムを「WOMAN EXPO TOKYO 2017 Winter」(日本経済新聞社、日経BP社主催)にて開催します。受賞者にご登壇いただき、先進的な取り組みについて、企業と自治体のトップがディスカッションします。ワーキングママ・パパ、人事・ダイバーシティ担当者、経営者、チームリーダーの方々のご参加をお待ちしております。

「日経DUAL 共働き子育てしやすい企業&街グランプリ2017」表彰式&シンポジウム
●日時:12月1日(金)13:30〜15:00
●場所:東京ミッドタウン
http://woman-expo.com/tokyo-winter/session/session-detail?m=2&eid=125

■日経DUALとは

 『日経DUAL(デュアル)』(編集長 羽生祥子)は、日経BP社が2013年に創刊した子育て中の共働き家族に向けたサイト。「仕事」「子育て・教育」「趣味」「生活・家事」「お金」「パパ」の6つの分野で役立つ情報をタイムリーに発信しています(平日毎日更新)。現在の登録会員は約15万人、月間ユーザーは約100万人。子育て中の共働きママ・パパや新しい働き方を推進する先進企業のビジネスパーソンから人気を得ています。

■本件に関するお問い合わせ

問い合わせフォーム

■取材に関するお問い合わせ

日経BP社 経営企画室・広報 までご連絡ください。
電話:03-6811-8556

▲このページのトップヘ

  • お問い合わせ
  • 日経BP社会社案内PDF版
  • 採用情報