日経BP社のニュースリリース

 

2007年7月6日


日本一のIT利活用事例を表彰する
IT Japan Award 2007グランプリ決定!
セブン-イレブン・ジャパンが経済産業大臣賞(グランプリ)を受賞


 日経BP社(社長:大輝精一、本社:東京)が発行するIT系総合誌「日経コンピュータ」は、優秀なIT利活用事例を表彰する「IT Japan Award 2007」(後援:経済産業省、日本情報システム・ユーザー会、経営情報学会、情報システム学会)の審査会を開催し、グランプリをはじめとする各賞を選定しました。

 2007年7月9日(月)、ホテルニューオータニ東京(東京都千代田区)で開催する「IT Executive Forum IT Japan 2007」にて、表彰します。

 IT Japan Awardは、ITを活用して経営革新や業務改革、新規事業の創出などで顕著な成果を上げた企業・団体・個人を表彰するものです。優れた情報システムや関連した技術などを発掘し、その成果を広く紹介することで、さらなるITの可能性を世に知らしめることが目的です。それにより、企業・団体のIT戦略を支えるIT部門を応援し、IT業界を活性化するとともに、日本の産業の競争力を高めたいと考えています。

 約2カ月間の応募期間中に86件の応募があり、そのうち22件が最終審査を受けました。7名の審査委員による選考の結果、セブン-イレブン・ジャパンの「第6次総合情報システム」が経済産業大臣賞(IT Japan Award 2007グランプリ)の栄誉に輝きました。

 同システムは、サービス開始が半年早まった独自の電子マネーカード「nanaco」の開発を遅延なく進めたプロジェクト・マネジメント力、開発コスト30%削減、海外子会社への展開を始めるなど、同社の経営に幅広くかかわりました。
 また、店舗ごとの売上高の下落を最小限に抑えて収益改善に寄与するなどの経営効果のほか、現場従業員の業務改善などの効果もありました。
 さらには、巨大システムでありながら止めることなく、安全・確実に 運用をしているという点についても、高い評価を得ました。

 このほか、準グランプリには、アスクル、JFEスチール、橋本市民病院、三菱東京UFJ銀行ほか5行、リコー/リコーテクノシステムズの計5件が選出されました。さらに、特別賞は、浅井興産と読売新聞東京本社(FUJITSUファミリ会 LS研究委員会)の2件が選ばれました。


【IT Japan Award 2007受賞企業一覧】

企業名など
受賞案件名
経済産業大臣賞(グランプリ) セブン-イレブン・ジャパン 「第6次総合情報システム」
準グランプリ アスクル 配送サービスシステム「シンクロカーゴ」
JFEスチール 「J-Smile」(NKKと川崎製鉄の合併プロジェクト)
橋本市民病院 「既存電力カルテシステムから新システムへの移行」
三菱東京UFJ銀行ほか5行 「地銀システム共同化(Chanceプロジェクト)」
リコー/リコーテクノシステムズ 「フィールド保守サービス統合システム」
特別賞 浅井興産 「携帯電話を使った棚卸システム」
読売新聞東京本社ほか 「ユーザー要求を引き出す分析手法の研究」

【審査委員】

審査委員長: 安西祐一郎(情報処理学会・前会長/慶應義塾塾長)
審査委員: 原田俊彦(日本情報システム・ユーザー協会常務理事)
  飯島淳一(経営情報学会会長/東京工業大学教授)
  細野公男(情報システム学会前副会長/慶應義塾大学名誉教授)
  伊丹敬之(IT戦略本部/一橋大学教授)
  貝沼孝二(経済産業省大臣官房審議官)
  桔梗原富夫(日経コンピュータ編集長)


【ご参考】

■「IT Executive Forum IT Japan 2007」について

2007年7月9日(月)、10日(火)、11日(水)の3日間、ホテルニューオータニ東京にて開催する会議です。2002年から年1回の開催で、今年で6回目となります。グローバル競争時代を迎えた日本企業が、構造改革をしながら一方でビジネス競争力を高めるために、ITをいかに活用していくべきかを、企業経営層とIT企業トップが議論し合う場として、多くの方々から支持・賛同をいただいています。今回のテーマは「ビジネス拡大に舵を切る」で、ヤマトホールディングス取締役社長・瀬戸薫氏、キヤノン電子代表取締役社長・酒巻久氏、テルモ代表取締役会長・和地孝氏による基調講演があります。
詳細はhttp://itpro.nikkeibp.co.jp/ev/itex/itj07/を参照ください。

■日経コンピュータについて

IT導入・活用の先進事例やIT業界動向、最新技術・製品動向、ITを巡るさまざまな問題、ITマネジメント講座など、幅広い視点と深掘り取材でIT活用の指針を提供する総合情報誌。
発行日:隔週月曜日発行(年26冊)
年間購読料(税込):1年(26冊)1万8600円、3年(78冊)3万9100円、5年(130冊)5万8500円

【お問い合わせ】

■本リリースに関する報道関係者からのお問い合わせ

日経BP社 IT Japan Award 2007事務局
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3
e-mail:itjaward@nikkeibp.co.jp(担当:渡辺)

■本件に関する一般の方のお問い合わせ

日経BP読者サービスセンター IT Japan Award 2007係
電話:03-5696-1111 (土日祝を除く 月〜金9:00〜17:00)


Copyright