日経BP社のニュースリリース

 

2007年11月12日


がん患者さんのためのWebサイト
「乳がん百科」と「大腸がんを生きるガイド」をオープン


 日経BP社(本社:東京、社長:大輝精一)はこの度、がん患者さんとそのご家族がより良い日々を過ごすことを支援する2つのWebサイト、「乳がん百科」と「大腸がんを生きるガイド」を開設しました。

 がんとの闘いは“情報戦”。さまざまな知識が身を助けます。どこに有益な情報があるか、情報のなかでどれが大切か。情報を選り分ける力がますます大切になっています。ある情報を知っているかいないかで、命が左右されるということも起こります。

 日経BP社は、がん患者さんとそのご家族が、多くの情報を素早く的確に集めることで、納得のできる闘病をされることをお手伝いするために、2005年からWebサイト「がんナビ」を運営してまいりました。今回開設した2つのサイトは、患者さんの数が多い乳がんと大腸がんについて、より詳しい情報をお伝えすることを目的としたものです。


乳がん百科について

 現在、乳がんは日本人女性の約20人に1人の割合で発症する、とても身近な病気です。
 乳がん百科は、乳がんの早期発見・早期治療の重要性の理解が深まること、また、1人でも多くの乳がん患者さんがご自身の状況を受け止め、うまく付き合いつつ、最善の治療法を選択できるような支援をするために誕生しました。
 そのため、予防法から早期発見のコツ、最新かつ最善の治療法(標準治療と呼ばれる治療法)をわかりやすく紹介しています。

大腸がんを生きるガイドについて

 大腸がんで亡くなる人は、がんで亡くなる人の中で3番目に多いことはあまり知られていません。ただし、大腸がんは比較的進行がゆっくりで、早期にがんを発見できれば、負担の少ない治療法によって完治する可能性も高いと言われています。過剰に恐れることなく、さまざまな正しい知識を得て、大腸がんと向き合っていく姿勢が大切です。
 大腸がんを生きるガイドでは、大腸そのものの構造や、大腸がんの基礎知識から始まって、大腸がんを早期に発見するのに役立つ、さまざまな検査法について紹介しています。最も気になる大腸がんの治療法については、大きく手術とそれ以外の方法に分けて、それぞれ図解を交えながら詳しく丁寧に、わかりやすく解説しています。


大腸がんを生きるガイド 乳がん百科


【お問い合わせ先】
日経メディカル別冊編集部  電話:03-6811-8818 (nmbooks@nikkeibp.co.jp

 


Copyright