日経BP社のニュースリリース

 

2008年2月26日


2008年(第14回)「日経BP広告賞」
富士ゼロックスに最優秀広告賞、37社42点に贈賞


 日経BP社(社長:大輝精一、本社:東京)は2008年の「日経BP広告賞」を決定しました。

 最優秀広告賞には「日経ビジネス」に掲載された富士ゼロックスの作品が、優秀広告賞には「日経ビジネス」に掲載された三越の作品と「日経エレクトロニクス」に掲載されたシャープの作品が選ばれました。さらに今回、審査委員会の強い推薦により審査委員特別賞として「日経メディカル」に掲載されたファイザーの作品が選ばれました。

 受賞企業はこれら4社を含めて、日本アイ・ビー・エム(日経コンピュータ広告賞)、マイクロソフト(日経パソコン広告賞)、ヤマハリビングテック(リアルシンプルジャパン広告賞)など37社。作品点数は42点です。

 日経BP広告賞は、日経BP社が専門情報分野の広告の発展に寄与することを目的に1995年に設けたもので、今年が14回目に当たります。昨年1年間に当社発行の雑誌に掲載された広告を対象に、審査委員会(委員長:亀井昭宏 早稲田大学教授)が、最優秀広告賞はじめ各賞を選出しました。

 贈賞式は4月16日、東京のホテルニューオータニで行います。

受賞作品

日経BP社コーポレート管理室・広報

 

 日経BP広告賞に関するお問い合わせは、広告管理部 電話03-6811-8471にお願いいたします。
 また、広報に関するお問い合わせは、コーポレート管理室・広報 電話03-6811-8556にお願いいたします。

 


Copyright