| ニュースリリースのトップページへ |

2008年6月30日

日本一のIT利活用事例を表彰する
IT Japan Award 2008グランプリ決定!
松下電器産業が経済産業大臣賞(グランプリ)を受賞

 日経BP社(社長:平田保雄、本社:東京)が発行するIT系総合誌「日経コンピュータ」は、優秀なIT利活用事例を表彰する「IT Japan Award 2008」(後援:経済産業省、日本情報システム・ユーザー会、経営情報学会、情報システム学会)の審査委員会を開催し、経済産業大臣賞(グランプリ)をはじめとする各賞を選定しました。2008年7月1日(火)、ホテルニューオータニ(東京都千代田区)で開催する「IT Executive Forum IT Japan 2008」にて、表彰します。

 「IT Japan Award」はITを活用して経営革新や業務改革、新規事業の創出などで顕著な成果を上げた企業・団体・個人を表彰するものです。優れた情報システムや関連した技術などを発掘し、その成果を広く紹介することで、さらなるITの可能性を世に知らしめることが目的です。それにより、企業・団体のIT戦略を支えるIT部門を応援し、IT業界を活性化するとともに、日本の産業の競争力を高めたいと考えています。

 約3カ月間の応募期間中に96件の応募があり、そのうち20件が最終審査を受けました。7人の審査委員による選考の結果、松下電器産業の「グローバル財務プラットフォーム」が経済産業大臣賞(IT Japan Award 2008グランプリ)の栄誉に輝きました。同システムは、グローバルに展開するグループ企業約600社の資金・為替・対内決済を集中管理するもので、システムの先進性だけでなく、グループ各社の業務を標準化するなど、ITを中核として業務変革を実施した点が評価されました。

 このほか、準グランプリには、青物横丁商店街振興組合/ipoca、カシオ計算機、大成建設、百五銀行の計4件が選出されました。さらに特別賞として、シャープとセガの2件が選ばれました。

【IT Japan Award 2008受賞企業一覧】

企業・団体名 受賞案件名
経済産業大臣賞(グランプリ) 松下電器産業 グローバル財務プラットフォーム
準グランプリ 青物横丁商店街振興組合/
ipoca
携帯CRMシステム
「あおよこタッチャン」
カシオ計算機 カシオ・グローバル標準システム
大成建設 汎用電子調達システム
「SUPER-TRIO」
百五銀行 次世代オープン勘定系システム
「BankVision」
特別賞 シャープ エグゼクティブ・コックピット
セガ 請求・支払業務の
ワークフローシステム

【ご参考】

「IT Executive Forum IT Japan 2008」について

2008年7月1日(火)、2日(水)、3日(木)の3日間、ホテルニューオータニ(東京)にて開催する会議です。2002年から年1回の開催で、今年で7回目となります。グローバル競争時代を迎えた日本企業が、構造改革をしながら一方でビジネス競争力を高めるために、ITをいかに活用していくべきかを、企業経営層とIT企業トップが議論し合う場として、多くの方々から支持・賛同をいただいています。今回のテーマは「グローバルに勝つ経営」で、多摩大学教授ルネッサンスセンター長・三菱UFJリサーチ&コンサルティング理事長の中谷巌氏、コマツ代表取締役会長の坂根正弘氏、富士ゼロックス相談役最高顧問の小林陽太郎氏らによる基調講演があります。
詳細はhttp://itpro.nikkeibp.co.jp/ev/itex/itj08/を参照下さい。

日経コンピュータについて

IT導入・活用の先進事例やIT業界動向、最新技術・製品動向、ITを巡るさまざまな問題、ITマネジメント講座など、幅広い視点と深掘り取材でIT活用の指針を提供する総合情報誌。

発行日:月2回刊、1日・15日発行+増刊号2冊(年26冊)
年間購読料(税込):1年(26冊)1万9800円、3年(78冊)4万1600円、5年(130冊)6万2400円

【お問い合わせ】

本リリースに関する報道関係者からのお問い合わせ

日経BP社 IT Japan Award 2008事務局
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3
e-mail : itjaward@nikkeibp.co.jp (担当:吉川・目次(めつぎ))

本件に関する一般の方のお問い合わせ

日経BP読者サービスセンター IT Japan Award 2008係
TEL:03-5696-1111 (土日祝を除く 月〜金9:00〜17:00)