| ニュースリリースのトップページへ |

2008年10月17日

日経BP社「ITpro EXPO AWARD 2008 Autumn」
受賞製品/サービス発表

  日経BP社(本社:東京、社長:平田保雄)は、2008年10月15日〜10月17日に東京ビッグサイトで開催中のエンタープライズICTの総合イベント「ITpro EXPO 2008 Autumn」において、「ITpro EXPO AWARD 2008 Autumn」を選出しました。

  ITpro EXPO AWARDは、ITpro EXPOに出展された製品/サービスの中から、製品/サービスとして優れていると同時に、来場者に対してわかりやすくインパクトのある展示を表彰するものです。

  審査対象は、ITpro EXPOに展示されているすべての製品/サービスです。選定は、日経BP社が発行するICT誌、Webメディアの計10媒体−−「ITpro」「日経コンピュータ」「日経コミュニケーション」「日経SYSTEMS」「日経ソリューションビジネス」「日経情報ストラテジー」「日経NETWORK」「日経Linux」「日経ソフトウエア」「日経ニューメディア」の編集部が共同で行いました。

  その結果、大賞・特別賞と、エンタープライズ部門・ネットワーク部門・セキュリティ部門の計3部門の受賞製品/サービスを決定しました。

  大賞はマイクロソフトのサーバー仮想化機構「Windows Server 2008 Hyper-V」としました。

  「Windows Server 2008 Hyper-V」は、現在主流のハイパーバイザー型アーキテクチャを採用し、“Windows標準”の低コストなサーバー仮想化ソリューションとして注目を集めています。古いWindowsベースのシステムを最新ハードウエア環境にマイグレーションする場合や、多数のサーバー・システムを集約する「サーバー統合」の用途などに向いています。Windows Server 2008にはHyper-Vを統合したバージョンがあり、仮想サーバー環境の導入が容易なほか、運用・管理面でもOSと統一されたユーザー・インタフェースが用意されています。またHyper-Vには、単体で動作する無償の「Hyper-V Server 2008」もあります。

  今回、ITpro EXPO 2008 Autumnの展示会場では、 Hyper-Vと関連ソフトウエアの展示に加え、隣接する「マイクロソフト仮想化パビリオン」でパートナー企業11社によるソリューションも展示しました。また、10月16日には特別イベント「Microsoft Virtualization Day」を開催し、仮想化技術や導入方法などを詳しく解説しています。

  受賞製品/サービスの一覧は以下の通りです。

■大賞(1製品/サービス)

  • サーバー仮想化機構「Windows Server 2008 Hyper-V」(マイクロソフト)

■特別賞(1製品/サービス)

  • ERP「SAP Business All-in-One fast-start program オンライン・ソリューション・コンフィギュレーター」(SAPジャパン)

■エンタープライズ部門(6製品/サービス)

  • アプリケーション設計支援ツール「Axure RP Pro 5」(NTTデータ)
  • データセンター向けソリューション「Cisco Nexus ファミリ」(シスコシステムズ)
  • サーバー仮想化プラットフォーム「Citrix XenServer 5」(シトリックス・システムズ・ジャパン)
  • シンクライアント端末「HP t5545 Thin Client」(日本ヒューレット・パッカード)
  • SOAフロント統合基盤「uCosminexus Navigation Platform」(日立製作所)
  • RFIDタグ「UHF帯RFID大容量メモリタグ」(三菱電機)

■ネットワーク部門(2製品/サービス)

  • テレビ会議システム「Codec C90」(オーライソフトウェア/情報工房/三菱電機システムサービス/メディアプラス)
  • サーバールーム監視ソフト「ServersCheck Business Edition Version 7」(ライフボート)

■セキュリティ部門(2製品/サービス)

  • PC統合セキュリティシステム「PC運用上手SS with vRAS」(東芝)
  • シンクライアントサービス「インターネットきれい」(日本イントラネット)

 また、今回は上記のほかに、ITpro EXPO 2008 Autumnの協力メディアである@IT様、CNET Japan様、ITmedia エンタープライズ様、ZDNet Japan様にも、各メディア独自の視点で賞を選定いただきました。その結果は次の通りです。

■@IT賞

  • サーバー仮想化機構「Windows Server 2008 Hyper-V」(マイクロソフト)

■CNET Japan賞

  • 発電システム「発電床」(音力発電)

■ITmedia エンタープライズ賞

  • アプリケーション間連携アライアンス「@WARPプロダクトアライアンス」(インフォテリア/アグレックス/キヤノンソフトウェア/住商情報システム/ビック東海/パナソニック電工インフォメーションシステムズ/横河ソリューションズ)

■ZDNet Japan賞

  • サーバー仮想化機構「Windows Server 2008 Hyper-V」(マイクロソフト)

上記内容は、ITpro EXPO AWARDの特設ページでもご覧いただけます。

<ITpro EXPOとは>
ICTの総合イベント。2008年10月15日〜10月17日に東京ビッグサイトで開催のリアルな展示会に加え、2008年9月1日よりITproにて特設サイトを開設し、100日間継続的に情報を発信しています。

【本件に関するお問い合わせ先】

日経BP社 「ITpro EXPO AWARD 2008 Autumn」事務局
担当:ITpro 編成 宮崎(itpaward@nikkeibp.co.jp)
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3
電話:03-6811-8750