| ニュースリリースのトップページへ |

2008年11月17日

がん患者さんのための新たなWEBサイト
「肝がんとともに」がオープン

 日経BP社(本社:東京、社長:平田保雄)はこのたび、がん患者さんとそのご家族がより良い日々を過ごすことを支援するWebサイト、「肝がんとともに」を開設しました。

 がんとの闘いは“情報戦”。さまざまな情報がはんらんする中、どこに有益な情報があるか、情報の中でどれが大切か、適切な情報をえり分ける力がますます大切になっています。ある情報を知っているかいないかによって、命が左右されるということも起こります。

 日経BP社は、がん患者さんとそのご家族が、多くの情報を素早く的確に得ることで、正しい知識に基づく納得のいく闘病をされることをお手伝いするために、2005年からWebサイト「がんナビ」を運営してまいりました。さらに、2007年には乳がんに関してより詳しい情報を提供することを目的とした「乳がん百科」、大腸がんに関してより詳しい情報を提供することを目的とした「大腸がんを生きるガイド」という二つのサイトを立ち上げております。

 今回開設した「肝がんとともに」は、患者数が多く、闘病期間の長いがんの一つである肝がんについて、より詳しい情報をお伝えすることを目的としたものです。

●「肝がんとともに」について

 肝臓にできるがんの多くは、肝炎ウイルスへの感染がきっかけです。肝炎ウイルスに感染し、ウイルスの活動が活発で肝臓の炎症が長く続くと、肝臓が徐々に傷ついていき、肝硬変、さらには肝がんへと至ります。「肝がんとともに」では、肝臓にできるがんについて、その要因や早期に発見するための検査法から、手術、開発の進む新たな治療薬まで、幅広い情報を得ることができます。 一人でも多くの人に、肝臓にできるがんについて、より多くの情報を得ていただきたいと考えています。複雑な肝がんの分類や治療法については、それぞれ図解を交えて詳しく丁寧に、わかりやすく解説しています。

肝がんとともに


【お問い合わせ先】

日経BP社 日経メディカル別冊編集部 (sekimoto@nikkeibp.co.jp)
電話:03-6811-8818