| ニュースリリースのトップページへ |

2009年2月27日

2009年(第15回)「日経BP広告賞」

賞体系を一新、日経BP広告大賞は帝人に
25社、28点に贈賞

 日経BP社(社長:平田保雄、本社:東京)は2009年の「日経BP広告賞」を決定しました。

 今年は日経BP社創立40周年であると同時に、日経BP広告賞自体も15回目となる節目の年に当たります。また昨年の日経ホーム出版社との経営統合後初めての広告賞選定となることから「日経BP広告大賞」「日経BP専門雑誌広告賞」「日経BP環境広告賞」の新設など賞体系を一新し、新時代にふさわしい広告賞を目指しました。

 日経BP広告大賞には「日経ビジネス」に掲載された帝人の作品が、日経BP専門雑誌広告賞には「日経エレクトロニクス」に掲載された村田製作所の作品が、さらに日経BP環境広告賞には「日経ビジネス」に掲載された矢崎総業の作品が選ばれました。

 受賞企業はこれら3社を含めて、日本アイ・ビー・エム(最優秀IT広告賞)、エプソン販売(最優秀パソコン広告賞)、塩野義製薬(最優秀医療広告賞)、高橋酒造(最優秀ライフスタイル広告賞)など25社。作品点数は28点です。

 日経BP広告賞は、日経BP社が専門情報分野の広告の発展に寄与することを目的に1995年に設けられました。昨年一年間に当社発行の雑誌に掲載された広告を対象に、審査委員会(委員長:亀井昭宏 早稲田大学教授)が、日経BP広告大賞はじめ各賞を選出しました。

 贈賞式は4月15日、東京のホテルニューオータニで行います。

受賞者一覧

(同一賞は広告主名50音順/広告主名は最終審査会時点)

【審査委員】

委員長 …… 亀井 昭宏(早稲田大学 教授)
委員………内田 有希昌(ボストン コンサルティング グループ パートナー&マネージング・ディレクター)、片平 秀貴(丸の内ブランドフォーラム 代表)、川崎 和則(日本アドバタイザーズ協会 雑誌委員会専門委員長)、酒井 光雄(ブレイン ゲイト 代表取締役)、桜井 貴康(東京大学 教授)、佐藤 裕(電通 第5クリエーティブディレクション局長)、堀 真一(博報堂 MDビジネス局長)、森下 竜一(大阪大学 教授)、矢野 貴久子(カフェグローブ・ドット・コム 代表取締役)、横河 健(建築家)、鯨岡 修(日経BP社 執行役員広告担当)

(敬称略・50音順/所属・肩書は最終審査会時点)


日経BP社コーポレート管理室・広報

【お問い合わせ先】

日経BP広告賞に関するお問い合わせは、広告管理部 電話03-6811-8471にお願いいたします。
また、広報に関するお問い合わせは、コーポレート管理室・広報 電話03-6811-8556にお願いいたします。