| ニュースリリースのトップページへ |

2009年7月6日

日経BP社とアカデミーヒルズ
メールマガジンの広告の取り扱いで業務提携

 株式会社日経BP(本社:東京、社長:平田保雄。以下、日経BP社)と、森ビル株式会社が運営する社会人向け教育機関「アカデミーヒルズ」(六本木ヒルズ森タワー49階、理事長:竹中平蔵)は7月6日、両社の配信するメールマガジン、「BPnet イベントメール」「アカデミーヒルズ・ウィークリー」に掲載するテキスト広告の業務に関して7月より業務提携することに合意しました。

 具体的には、これまで定期的な広告枠を設置していなかったメールマガジン「アカデミーヒルズ・ウィークリー」に、毎号テキスト広告枠が設定され、その広告枠の営業窓口を日経BPが請け負う、という業務提携です。

 「BPnetイベントメール」、「アカデミーヒルズ・ウィークリー」の購読者層は、ともに向上心・知的好奇心旺盛で、積極的にイベントやセミナーを活用するという点で共通しています。自社セミナーの告知・集客を検討する広告主企業にとって有効な広告媒体となる両メールマガジンへの広告掲載について、今後は、お問い合わせ〜お申し込み〜原稿入稿までの一切の業務を、ワンストップで日経BP社が対応いたします(個別メールマガジンへの対応に加え、両方をセットにした販売も行います)。

■「BPnet イベントメール」について

 日経BP社のサイト「nikkei BPnet」内のイベント面「BPnetイベント」(展示会情報や新着セミナー情報を掲載)の更新情報や最新情報をお知らせするメールマガジン。毎週火曜・金曜の週2回配信(配信通数:77,089/2009年6月現在)。

■「アカデミーヒルズ・ウィークリー」について

 アカデミーヒルズで開催されるイベント情報、六本木スクール、六本木ライブラリー、六本木フォーラムの活動などをお知らせするメールマガジン。毎週水曜配信(配信通数:45,465/2009年6月現在)。

■日経BP社について

 日経BP社は経営、技術、生活の先端情報を、雑誌、Webサイトなど多様なメディアを駆使して提供する出版社(コンテンツ・プロバイダー)です。経済を中心とする情報を国内外に発信する日本経済新聞グループの一員として1969年4月に設立されました。売上高は527.58億円(2008年度実績)。2008年12月には、女性向けアドネットワークを展開する、米Glam Media Inc.の日本法人、グラムメディア・ジャパンにも資本参加、2009年1月からは自社サイトをハブサイトに据え社外の有力サイトと連携したアドネットワーク「The Premium Content Network」(BtoB向け/BtoC向け/環境関連)も展開しています。
日経BP社:http://corporate.nikkeibp.co.jp/

■アカデミーヒルズについて

 森ビルは「世界的文化都心の創造」をヴィジョンに、「都市を創る(ハード面)」と「都市を育む(ソフト面)」の両面から街づくりに取り組んでいます。「都市を育む」取り組みの一つとして、森ビルが運営するアカデミーヒルズは“自律的に自立する個人の支援”をミッションに、「日本元気塾」「Roppongi BIZ」などを運営する「スクール事業」、会員制図書館を運営する「ライブラリー事業」、貸しホール・貸会議室を運営する「フォーラム事業」の三つの機能を軸とし、都市生活者に対して「知的活動の場」と「教育の機会」を提供しています。
アカデミーヒルズ:http://www.academyhills.com/

【本件に関するお問い合わせ先】

日経BP社 クロスメディア本部企画営業部
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3
電話:03-6811-8029 FAX:03-5421-9809 e-mail:evt-adnikkeibp.co.jp