| ニュースリリースのトップページへ |

2010年6月25日

日経BP社、
「Android Application Award 2010 Spring」受賞作品を発表

 日経BP社(本社:東京、社長:平田保雄)は、Androidアプリケーションの開発コンテスト「Android Application Award(A3=エーキューブ)2010 Spring」(主催:日経BP社 ITpro、特別協賛:ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ、NTTドコモ、後援:日本Androidの会)の受賞作品を発表しました。

 A3は、携帯端末向けソフトウエア基盤である「Android」の上で稼働するアプリケーション・ソフトウエアの開発支援を目的としたコンテストです。

 Androidは、現在普及が進むスマートフォンだけでなく多くのデジタル機器に搭載されることが見込まれており、ソフトウエア開発者にとって重要なプラットフォームになることが期待できます。

 A3 2010 Springには340作品のエントリーがあり、その中から大賞、優秀賞3作品、技術賞、グローバル賞、ルック&フィール賞、学生賞の受賞作品をそれぞれ決定しました。

 厳正なる審査の結果、大賞作品はタオソフトウェアの「tWakeUpCallMaker」としました。本作品の主な機能は、Android向けの目覚まし時計アプリケーションを生成することです。生成した目覚まし時計アプリは、メールなどでほかのAndroidユーザーに送信できます。自分好みのAndroidアプリケーションを生み出すという行為が、Androidプログラミングのスキルがない人にとっても開かれ、身近なものになる可能性を示した点を高く評価しました。

 大賞を含む受賞作品の一覧は以下の通りです(カッコ内は作者名)。審査では、Androidの特徴を生かしたもの、アプリケーション開発者のすそ野を広げるものを特に重視しました。

■大賞

●tWakeUpCallMaker(タオソフトウェア)

■優秀賞

●はてなモノリス(はてな)
●フォントロイド(アスカラボ)
●待ちぴったん(ANALOG TWELVE)

■技術賞

●PhotoSpeak(モーションポートレート)

■グローバル賞

●PICT RHYTHM(テックファーム)

■ルック&フィール賞

●つぶやき文庫(高橋憲一)

■学生賞

●通話履歴カレンダー(Joao Orui)

 審査員は以下です。

  • 日本Androidの会 会長 丸山不二夫様(審査員長)
  • アプリックス 代表取締役 郡山龍様
  • ITジャーナリスト 林信行様
  • ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ 営業本部 マーケティング部 統括部長 小林弘明様
  • NTTドコモ スマートフォン事業推進室 アプリケーション企画 担当部長 山下哲也様
  • 日経BP社 ITpro ディレクター 林哲史

(以下、特別審査員)

  • 放送作家・脚本家 小山薫堂様
  • 女優 伊藤裕子様

 なお、A3 2010 Springに続き、「Android Application Award 2010 Winter(仮)」の開催を決定しました。詳細は追ってご報告いたします。

【本リリースに関するお問い合わせ先】

日経BP社 ITpro編集部内 「A3 2010 Spring」事務局
〒108-8646 東京都港区白金1-17-3
電話:03-6811-8750 FAX:03-5421-9093
E-mail : aaa2010springatnikkeibp.co.jp