ニュースリリース

2012年2月22日

ソーシャルメディア活用と消費行動との関連が分かる調査
「ソーシャル活用売上ランキング」を発表
1位ユニクロ、2位ローソン、
業界別ではファストフードやコンビニが上位に

 日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)は、2012年2月22日、「ソーシャル活用売上ランキング」を発表しました。この調査は、企業の先端的マーケティングに関する専門情報メディア『日経デジタルマーケティング』が初めて実施したもので、ソーシャルメディアの活用度とその受け手である消費者の行動を同時に指数化しランキングを作成したものです。企業のソーシャルメディア活用のみに着目したランキングはこれまでもありましたが、果たしてそれが売上に結び付く消費行動を起こしたかを分析した例は今までほとんどありませんでした。日経デジタルマーケティングはこの点に着目し、独自に調査と分析を行いました。

Facebook連動キャンペーンで店舗に誘導などが奏功し、
ユニクロが1位に

 本調査では、Facebookファン数とTwitterフォロワー数の合計値が高い企業・ブランドを調査対象として抽出しました(ネット専業企業などは除く)。これらの企業・ブランドが手掛けるソーシャルメディアのファン数やフォロワー数、活性度合から「リーチスコア」を算出しています。「リーチスコア」は企業・ブランドが、ソーシャルメディアを通じどの程度顧客にリーチできているかを示す数値です。

 こうした企業サイドからの働きかけに呼応して、実際の消費者が商品購入やサービス利用へと行動が変化したかを把握するアンケート調査を実施。この結果から「消費行動スコア」を算出しています。アンケート調査は日経BPコンサルティングの協力を得て、2011年12月〜2012年1月にかけインターネットで実施し、回答者は1万5164人となりました。この「リーチスコア」と「消費行動スコア」を統合し偏差値化したものを「総合スコア」としました。

 総合スコア上位20位までをランキングとしてまとめたものが下の表です。

 総合スコア81.0で1位となったのはユニクロでした。そもそも持つブランド力に加え、Facebookとの連動企画で、店頭で位置情報登録すれば、その場で最大2000円の割引きクーポンが当たるキャンペーンを実施。20万人超を店舗に誘導し売り上げにつなげました。2位に総合ポイント75.6のローソン、3位に同75.2の無印良品が続く結果となりました。


図 総合ランキング20(カッコ内は各スコアの順位)

総合ランキング20


ファストフードでは日本サブウェイが女性の支持得てトップ

 業界別にみると20位内にファストフードが4社入って最多。総合9位の日本サブウェイを筆頭に、マクドナルド(10位)、モスバーガー(11位)、ケンタッキーフライドチキン(15位)となりました。日本サブウェイは、女性の消費行動スコアが全業種の中でも4位と高く、総合スコアで業界トップに躍り出ました。

 コンビニエンスストアからも3社がランクインし、ローソン以外にもファミリーマート(18位)、セブン-イレブン(20位)が入りました。売上高トップのセブン-イレブンが今回の調査では業界内3番手となったのは、リーチスコアが他2社より大幅に低いことが要因。ただ、消費者と接する機会の多いこの2業界は、各社ともにソーシャルメディア活用に積極的と言え、消費者へのリーチを広げながら、それを来店・購買へとうまく循環させている様子が見て取れます。
※本調査の詳細な結果は「日経デジタルマーケティング」2012年3月号に掲載します。

■調査概要
調査期間: 2011年12月28日〜2012年1月17日
調査方法: 日経BPコンサルティングのインターネット調査システム「AIDA」を使って実施
有効回答数: 1万5164人
調査機関: 日経BPコンサルティング

日経デジタルマーケティングについて

 「日経デジタルマーケティング」はマーケティング戦術と企業戦略をつなぐ専門情報メディアです。平日、毎日更新するサイト(digital.nikkeibp.co.jp)、月刊誌、セミナーという3つの形態で情報を提供しています。デジタルマーケティングを活用した事例研究のほか、炎上など“負”の側面も取り上げ、その対応法なども紹介しています。

本リリースのお問い合わせ先

 このリリースに関するお問い合わせは、日経デジタルマーケティング(電話03-6811-8173)に、取材のお申し込みは、日経BP社コーポレート管理室・広報(電話03-6811-8556)にお願いいたします。

▲このページのトップヘ

  • お問い合わせ
  • 日経BP社会社案内PDF版
  • 採用情報