ニュースリリース

2013年12月6日

日経WOMAN、「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014」を発表
大賞は、ハンデを乗り越えて東京五輪招致に貢献した女性に

 女性のキャリアとライフスタイルを応援する女性誌「日経WOMAN」(発行:日経BP社、本社:東京、社長:長田公平)は、各界で目覚ましい活躍を遂げた女性を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014」の受賞者9人を決定いたしました。

 大賞に選ばれたのは、ハンデを乗り越えてパラリンピックに3度出場し、2020年の五輪・パラリンピックの東京招致に貢献したサントリーホールディングスCSR推進部の佐藤真海さん(31歳)です。

 佐藤さんは、早稲田大学在学中の19歳のときに骨肉腫を発症し、右足の膝から下を切断。失意に陥るも、好きだったスポーツを再開し、わずか1年の練習を経て走り幅跳びでアテネパラリンピックに出場。北京、ロンドンとパラリンピック連続出場を果たしました。一方、一般社員としてサントリーホールディングスに入社し、スポーツを通した次世代育成事業や、出身地・宮城県気仙沼市をはじめとした震災復興支援にも尽力。また28歳で早稲田大学大学院に進学し、日本のパラリンピックの現状と海外の障害者スポーツについての調査研究を行い、自らのキャリアの幅を広げてきました。2020年五輪・パラリンピックの東京招致活動では、2013年9月に行われたIOC総会の最終プレゼンテーションでトップバッターを務め、感動的なスピーチで多くの人の心をつかみ、東京開催決定に大きく貢献しました。並々ならぬ努力を重ねてハンデを乗り越え、自分にしかできないキャリアを築いてきた姿が、多くの働く女性たちに力を与える存在になっています。

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014」大賞を
受賞した佐藤真海さん

 準大賞には、創薬の世界に革命を起こす技術を見いだし、時価総額1600億円のバイオベンチャーの起業と上場をリードした東京大学エッジキャピタル・パートナーの片田江舞子さん、国民的大ヒットドラマ『あまちゃん』で斬新な番組ロゴやセット、キャラクターをデザインして作品の世界観を確立させた日本放送協会(NHK)デザインセンター映像デザイン部の岩倉暢子さんが選ばれました。

 今年の受賞者は、以下の通りです。

  部門 氏名 肩書き 功績
大 賞 キャリアクリエイト部門 佐藤真海さん サントリーホールディングス株式会社
CSR推進部
パラリンピアン
ハンデを乗り越えて仕事と競技を両立。
自らの経験を糧に次世代育成や復興支援に尽力した
準大賞 リーダー部門 片田江舞子さん 株式会社東京大学エッジキャピタル
パートナー
創薬の世界に革命を起こす技術を見いだし、
時価総額1600億円のバイオベンチャーの起業と上場をリード
ヒットメーカー部門 岩倉暢子さん 日本放送協会
デザインセンター 映像デザイン部
大ヒットドラマ『あまちゃん』の斬新な番組ロゴをはじめ
数々のセットやキャラクターをデザイン。作品の世界観を確立
入賞 リーダー部門 山田由佳さん パナソニック株式会社 先端技術研究所
エコマテリアル研究グループ
グループマネージャー
世界最高性能の人工光合成システムと
世界初の熱発電チューブ、
環境・エネルギー分野の技術開発を率いる
ヒットメーカー部門 川上登美子さん 株式会社資生堂
国際事業部 アジアパシフィック営業部
世界初の「重ねたメイクをお湯で落とせる化粧下地」を発案。
発売からわずか2カ月で累計200万個を出荷
ヒットメーカー部門 藤代智春さん ピップ株式会社
商品開発事業本部 マーケティング部
業界初“足指が開く着圧靴下”が
1年3カ月で市場最速の出荷100万足を突破。
市場の活性化に大きく貢献
キャリアクリエイト部門 坪内知佳さん 萩大島船団丸
代表
山口県萩市大島で漁業者60人を率いて
魚の自家出荷を実現。
漁業の6次産業化に取り組む先駆者
キャリアクリエイト部門 田中知美さん 合同会社エッジ 代表
合同会社ドリームオン 共同代表
経済学者の視点を生かし、40代で社会起業家へ。
バングラデシュやベトナムで
独自の貧困層支援事業を展開
キャリアクリエイト部門 吉田正子さん 東京海上日動火災保険株式会社
執行役員
旅行業営業部長
一般職として入社後、
事務、営業、人事と幅広い職域で実績を上げ、
地域型社員としては同社初の執行役員に

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」は、

  1. 働く女性のロールモデルを掲示
  2. 組織の中に埋もれがちな個人の業績に光を当てる
  3. 活躍した女性たちを通して時代の変化の矛先をとらえる
という主旨のもと、1999年から毎年実施しているアワードで、本年が15回目となります。リーダー部門、ヒットメーカー部門、キャリアクリエイト部門の3部門につき、編集部と各部門審査員で候補者を選出。5つの評価基準に従って採点し、5人の審査員と編集部の総合得点で大賞・準大賞を選出しました。受賞者紹介と審査方法・審査結果の詳細は2013年12月7日発売の「日経WOMAN」1月号に掲載いたします。

ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014の審査員は以下の方々です

【リーダー部門】
ジェイ・ボンド東短証券 代表取締役社長 斎藤聖美氏

【ヒットメーカー部門】
中央大学 ビジネススクール教授 田中 洋氏

【キャリアクリエイト部門】
キャリアン 代表取締役/キャリアネットワーク 会長 河野真理子氏

【ゲスト審査員】
ジャーナリスト 池上 彰氏

【ゲスト審査員】
特定非営利活動法人 JEN 理事・事務局長 木山啓子氏



【お問い合わせ先】

 本リリースに関するお問い合わせは日経WOMAN編集部(電話:03-6811-8912)に、取材に関するお問い合わせはコーポレート管理室・広報(電話:03-6811-8556)までお願いいたします。

▲このページのトップヘ

  • お問い合わせ
  • 日経BP社会社案内PDF版
  • 採用情報