ニュースリリース

2014年3月24日

国民全員をデータサイエンティストに
『1億人のための統計解析 エクセルを最強の武器にする
3月24日刊行

 日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)は2014年3月24日(月)、単行本『1億人のための統計解析 エクセルを最強の武器にする』(西内 啓著・税別価格1,800円)を刊行しました。

■「最強」の統計家の課題解決フレームワークの全貌を明らかに

 本書では、ベストセラー『統計学が最強の学問である』の著者であり、コンサルタントでもある西内啓氏のデータ分析による課題解決フレームワークを明らかにしました。「可能な限り短期間で、誰でもデータ分析能力の一端を身につけられるようにすること」をテーマに、営業、マーケティング、調達などビジネス業務上よくある課題を、普段使っているエクセルで「意味のあるデータ分析」をして解決していくステップを具体的に紹介しています。2014年3月10日に日経BP社が創刊した「日経ビッグデータ」の連載執筆陣の一人でもある同氏の思考プロセスは、データ分析で現状を変えたいと思う人にとって最良のヒントになるに違いありません。

 また、2014年4月22日、23日に日経ホール(東京都千代田区、日経ビル内)で開催される日経ビッグデータ創刊イベント「BigData Conference 2014 Spring」内で、本書の出版記念講演を行います。

 「すべての日本のビジネスマンが当たり前のようにデータ分析の力を生かせるようになれば、日本全体の国際競争資源になる」という著者の思いを、ぜひ手に取ってお読みください。

■目次

  • ■第1章 統計解析で課題を解決するためのフレームワーク

    解析の正しい進め方―――価値ある分析を行うための3つのポイント
    利益に直結するものを決める―――アウトカム
    着目すべき分析対象を決める―――解析単位
    違いを生み出す「特徴」を洗い出す―――説明変数
    解析手法は自動的に決まる―――質的なデータと量的なデータ
    必ず3つのポイントを意識して解析を進める

  • ■第2章 仕事で使う統計解析 初級編

    ◎和食レストランチェーンの売上を増やすには?
     分析1:顧客の性別や家族構成は、売上に影響するか?
     分析2:来店回数と利用金額の間にはどんな関係があるか?
     分析3:重回帰分析を行うためにダミー変数の準備をする
     分析4:売上に影響を与えている、複数の要因を洗い出す
     報告:売上を向上させるために、どんな手を打つべきか?

  • ■第3章 仕事で使う統計解析 実践編

    ◎事務機器販売の営業戦略を立てる【営業部門】
     分析1:受注単位になっている売上記録を、スタッフ単位に集計し直す
     分析2:売上、採用時試験、ストレスチェックのデータを結合する
     分析3:売上に影響する、スタッフごとの特徴を明らかにする
     報告:成果を上げているのは、どんなスタッフか?

    ◎情シスの手助けなしで、顧客行動の分析を行う【マーケティング・EC部門】
     分析:ページ種別ごとのアクセス回数を、重回帰分析にかける
     報告:どんな行動を取るユーザーの売上が大きいのか?

    ◎画像処理機器の販売台数を予測する【調達部門】
     分析1:月ごとの特徴と過去の出荷台数を説明変数にする
     分析2:月ごとのダミー変数と出荷台数で重回帰分析を行う
     分析3:将来の出荷台数を予測する
     報告:どのくらいの在庫バッファを用意すれば、機会損失のリスクを抑えられるか?

  • ■第4章 上級編 進化したエクセル環境を活用して解析を効率化・高度化する

    進化した活用術 1:データ結合を効率化する
    進化した活用術 2:データマイニング機能を使った重回帰分析
    進化した活用術 3:質的なアウトカムの分析を行うナイーブベイズ分類
    進化した活用術 4:アウトカムに影響を与えているパターンを分析する
    進化した活用術 5:時系列分析をスピーディに行う
    進化した活用術 6:分析結果のビジュアライゼーション

■著者紹介

西内 啓(にしうち ひろむ)
1981年生まれ。東京大学医学部卒(生物統計学専攻)。東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野助教、大学病院医療情報ネットワーク研究センター副センター長、ダナファーバー/ハーバード がん研究センター客員研究員を経て、現在はデータに基づいて社会にイノベーションを起こすためのさまざまなプロジェクトにおいて調査、分析、システム開発および戦略立案をコンサルティングする。著書に『コトラーが教えてくれたこと』(ぱる出版)、『サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている』(マイナビ新書)、『世界一やさしくわかる医療統計』(秀和システム)、『統計学が最強の学問である』(ダイヤモンド社)など

※日経ビッグデータに掲載された著者関連記事
仮説やセンスに頼らない、データ分析の新しい定石を身に付けよう

■商品情報

書名: 『1億人のための統計解析 エクセルを最強の武器にする』
著者名: 西内 啓
発行日: 2014年3月24日
価格: 1,800円(税別)
販売: 全国書店、オンライン書店など
ISBN: 978-4-8222-7380-4
発行: 日経BP社
日経BP書店: http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/227140.html
Amazon: http://www.amazon.co.jp/gp/product/4822273806/
■『日経ビッグデータ』について

「日経ビッグデータ」はデータ活用で事業の成長を目指すビジネスリーダーに向けて、2014年3月10日に日経BP社が創刊したビッグデータ活用のための専門媒体です。ウェブサイト(http://bigdata.nikkeibp.co.jp/)、月刊誌、セミナーを組み合わせたハイブリッド型の情報提供サービスで、グローバルな情報を速く、そして深い記事としてお届けする新しいタイプのメディアです。

■『BigData Conference 2014 Spring』について

「データ活用で事業に革新を起こす」をコンセプトに開催する、ビッグデータ活用を推進する企業、組織のリーダーが集うカンファレンスイベントです。活用先進企業やソリューション提供企業のキーパーソン、研究者らが2日間にわたり繰り広げる50以上の講演や議論で、日々の業務では得られない、ビッグデータ活用を進める上での貴重なヒントを提供いたします。講演終了後にはネットワーキングパーティを開催し、受講者同士、講師と受講者のフラットな議論の機会をご提供します。(ウェブサイトhttp://bpvs.jp/bdt/1401

【お問い合わせ先】

 このリリースに関するお問い合わせは、日経BP社 コーポレート管理室・広報 (電話03-6811-8556)にお願いいたします。

▲このページのトップヘ

  • お問い合わせ
  • 日経BP社会社案内PDF版
  • 採用情報