ニュースリリース

2014年5月2日

ネットサービスの会員認証を日経IDに統合
1つのIDで「日経電子版」と「日経ビジネスDigital」が使えるセットプランを発売

 日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)と日本経済新聞社(本社:東京、社長:喜多恒雄)は、これまで両社が個別に運用してきたインターネットサービスの会員認証IDを「日経ID」に共通化しました。これにより、日経BP社の会員認証ID「日経BPパスポート」を使っていた「日経ビジネスオンライン」「ITpro」「日経テクノロジーオンライン」など約90のネットサービスが日経IDに移行しました(※1)。今後は日本経済新聞社の「日本経済新聞 電子版」と同じIDで各サービスをお使いいただけます。

 このIDの共通化にあたり、会員の皆様には事前準備などで多くのご協力をいただき、誠にありがとうございました。また、移行作業期間中のサービスの一時停止などでご不便をおかけしましたことをお詫びいたします。

 今回のID統合で、日経ID会員はビジネスパーソンを中心に500万人に拡大しました。両社は日経IDを基盤としてネットサービスの連携をさらに進めます。その第1弾として、日本経済新聞 電子版と日経BP社の「日経ビジネスDigital」をあわせて購読すると毎月の購読料が650円安くなるセットプランを5月1日に発売しました(※2)。

 日経BP社では、今回の移行対象になった約90のサービス以外の日経BPパスポート対応サービスについても順次、日経IDに移行させていく計画です。

※1  2014年4月30日現在、日経BP社が提供する日経ID対応サービスの一覧は次のURLでご確認いただけます。 ⇒ http://account.nikkeibp.co.jp/service/
※2  セットプランの概要はこちらをご覧ください ⇒ http://pr.nikkei.com/lp/nbd1405/LP01.html
【取材に関するお問い合わせ】

 本件についてのお問い合わせは、コーポレート管理室(広報)、電話03-6811-8556にお願いいたします。

▲このページのトップヘ

  • お問い合わせ
  • 日経BP社会社案内PDF版
  • 採用情報